BLOGブログ

2012年07月31日

最近の高校生は強い!

ブログ

高校生の筋力トレーニングの指導に携わり、早20年以上経ちます。
最近特に思うことは、益々筋力の高い生徒が増えていることです。
これは、食生活の変化でしょうか? やはり欧米化の食事になってきたからなのでしょうか?
高校生の筋トレ指導を仕事として始める前までは、高校生だし、そうとう筋力が弱いだろうな~というイメージで舐めておりました・・・。が、実際に指導現場に立ってみるとびっくりぎょ
生徒達にちゃんとトレーニングの原理原則を正しく教え理解させてその通りに実践させると、あれよあれよとびっくりする位に筋力が伸びて行くのです。(恐るべし第2次成長期)
指導する対象チームがメジャー競技である野球、サッカーが多い為なのかもしれませんが・・・。
やはり名門校である野球、サッカー部に入部する位なのですから選りすぐりのエリートが多く、運動能力が高い生徒が多いからなのでしょうか?運動能力が高いということは実は筋力が高いからとも言えるのですが・・・。(意外とこれが解っていない人が多いんだな~しくしく

私がジムで本格的に筋力トレーニングを始めたのは19歳のころです。小学生の頃から我流で毎日腕立て伏せや、エキスパンダー、ダンパーなどのトレーニングはやってましたが、(やはり、変わり者、変人ですな)
(余談ですが、小、中学生の頃よく友達を家に遊びに呼んできては、エキスパンダーのバネを全部装着して「これやってみろ~」とか、ダンパーも大人ができない負荷で「できるか、これ~」と自分の力を見せびらかす遊びをして楽しむバカな子供でした。)
ジムで筋トレを始めた頃の自分を思い返して比較してみますと全然レベルの違いにびっくりです。(俺って本当に才能がなかったんだな~ぎょーん反省)すげ~選手ばかり~、やはり人気スポーツの世界は違うんだなと思いました。本当に才能豊かな子供達が多いのです。「実は私、子供の頃少年野球に入っておりましたがね。下手くそでして~、それが理由でマイナー競技にちゃっかり転向してある程度栄光を得ましたが。(必殺!インチキ殺法!!にひひ)そういう意味で実は落ちこぼれなんです。
そう言った意味でも名門校で野球、サッカー部に在籍している生徒はエリートだと思います。生徒にはそれを良い意味での誇りとして頑張ってほしいです。
私はジムに入会してデッドリフト種目(背筋)で200キロ挙げるまでに約4年かかりました。それを野球部の生徒で入部してデッドリフトのフォーム矯正を1ヶ月間して、測定をするや否やいきなり200キロを挙上する生徒も過去に拝見しました。(因みに学校などで行なう体力測定でやる背筋力計とは全く違います。背筋力計で200キロの記録数値を計測しても多分バーベルでは150キロも挙がらないでしょう)
今も、先日ご紹介致しました甲子園大会に出場する「東海大甲府野球部 甲斐路の怪物ことエース神原友君」彼は、220キロを楽々挙げる偉業を成し遂げました。きっと甲子園のマウンドが良く似合うことでしょう。
ターゲットファミリーの皆さん是非応援して下さいね。(デッドリフト220キロの記録は全国高校パワーリフティング大会で優勝する位の記録です。いかに強いのか解って頂けたでしょうか?)
野球、サッカーで全国大会に出場するようなチームの選手は何のスポーツをしても成功するのではとないかと思います。
いや~実にもったいないな~(笑)みんな、パワーリフターの道に進めばチャンピオンになれるのに~・・・(やはりマイナー競技じゃ駄目なのかな~しょぼん

しゅ~っ!神原友投手 甲子園予選県大会決勝

パワー強すぎて、マウンドがかわいそうしくしく
全国にその背筋みせつけてやれ~パンチ

実は兄貴(神原友君の兄)も高校時代は凄かった~ぎょ

東海大甲府高校 野球部時代の記録
神原 元君
身長181cm、体重86キロ
2007.11.15 ベンチプレス117.5kg(挙上時2年生)
2007.11.15 スクワット160kg(挙上時2年生)
2007.12.04 デッドリフト200kg(挙上時2年生)
ベンチプレス117,5キロはいまだに破られていない伝説の記録!!
正に怪物兄弟
今は国際武道大学野球部(4年生)で活躍中グー


| アスリート養成 | 2012-07-31 Tue

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

アスリート育成について