BLOGブログ

2022年11月25日

腹痛の原因、、、、

スクワット ダイエット デッドリフト トレーニング パーソナルジム パーソナルトレーニング ビッグスリー ブログ ベンチプレス ボディーメイク ヨガ 上半身 上腕骨 下半身 健康 柏市 柔軟性 栄養 筋トレ 筋肉痛 肩こり 肩甲骨下制 腰痛 腹筋 食事管理 駅近 高齢者パーソナル

こんにちは!岩崎です。

先日からお腹が痛く、調子が悪いです。

色々と原因を考えていたのですが、水曜日の祝日に家族で出かけた際の脂物の取りすぎと食べ過ぎ。

先日は更に二郎系のラーメンを食べてしまったことが引き金になってしまい腹痛へ、、、、

体が処理しきれない分の毒素が溜まっており、それを自浄作用で出してくれているという状態です。

カラダに無理させているとトレーニングもはかどらなくなってしまうので気を付けていかねばなりませんね。

来週はクリーンな食事を心がけます。

 

岩崎担当

K様

本日はスクワット!

久しぶりの担当でした。

K様の好きな音楽をかけてのトレーニング!

40kg×5回×3セット!!!

K様モーニング娘が好きという事で、その話になりました。

今のモー娘はまったくわからないのですが、世代的にはドンピシャでしたので過去の話をしながら(笑)

当時は本当に人気ですごかったですね~なんて話しながらやっていたらしっかりとクリア!!

最後にアブローラーで締めてトレーニングはおしまい。

自分の好きな音楽がかかっていると気分も乗ってきますよね(^^♪

またお待ちしています!

 

Y様

本日はデッドリフト

今日は初めてなのでフォームの解説、説明を実施。

一つ一つ丁寧に教えていくとするすると吸収してくれます(^^♪

最初なので30kgでずーとやっていましたが、足の感覚や腹圧を感じていたので次回は少しバリエーションを増やして行おうと思います。

最初は少し難しく感じますが身体にとってはとても良いエクササイズです。

しっかりとマスターできるように頑張っていきましょうね!

またお待ちしています!





 

O様

ベンチとお腹!!

腹筋希望でしたが、腹筋だけで1時間は持たないので最初にベンチ!!

軽めの重量でアップがてら実施。

27.5kg×8回×3セット!!

3セット目ぐらいで段々調子が出てきて、良い感じで終えられました(^^)/

その後はいよいよお腹。

アブローラー。

10回3セットでしっかりと腹筋をいじめます(笑)

そしてレッグレイズ10回3セット!!!

ヒーヒー言いながらもきっちりとやり切って頂けたのでばっちりですね!!

またお待ちしています!

 

こんにちは。NORIKOです。

今日はカフェライン様出張ヨガからです。

私は自転車で行くので着くと暑いのですが

中にいる皆さんは寒い様子で(笑)

今日は暑いのか?寒いのか?と言うお話から・・・

しかしながら、これからは寒さも増していきますから

しっかりと前半で体を温めて怪我のないように進めさせていただき

たいと思います(^^)/

今日は少しアクティブに動き反復回数も増やしていきましたので

途中で皆様バテていましたが、最終的に

シャバアサナでは眠りに落ちていました(笑)

この気持ちよさのためにやってますからね・・・

次回12月また宜しくお願いします。

 

T様

今日は苦手なレッグエクステンションとレッグカール

極端にこの2種目は、スクワット40kgひょいと上げる

Tさんからしたら弱いです。

しかも久しぶりと言うこともあり、本当に

頑張ってくださいました。

継続は力なり!また頑張りましょう。



 



 

最後はレッグレイズ



 

これ先週「自宅でやります!!!」とはりきって

お帰りになったのにお伺いしたら

「やってないです」と・・・

では頑張ってやりましょう(^^)/

 

3セットしっかりお腹使いました。

次回は日曜日。筋肉痛により内容考えましょうね。

腹筋ご自宅でやりましょ!(^^)!

宜しくお願いします。

 

こちらは 二郎系 脂 野菜 からめ 全マシマシのJOYです

大島様

ラーメン二郎 守屋店が柏におひっこしの話から ワールドカップまで

今日は絶好調 お酒のインターバルが効いてます

スクワット 目標 175kgx5x2

アップをいつものようにこなし

20kgx5 70kgx5 120kgx3 150kgx1 170kgx1 超軽い

メインセット 175kgのはずは 180kg

一セット目 動画をとり 応援 いけー いけー いける ! と叫んでいるJOY

5発クリアー

あああ 写真と取ってました ごめんなさい

2セット目 しっかり動画で もしかしたら 自撮り動画  お笑いの三段落ちですが

 

動画で納めることができました



180kg x5 お見事



一発ねらいで200kg イケそうです

 

ベンチ こちらも調子がいい 目標87.5kg x3x2

20kgx5 50kgx5 70kgx5 85kgx5

85kgx1でとお伝えしましが、気持ち―――と5発

87,5kgx3 とお伝えしました こちらもテンション高く 5発



90kg一発ねらいますか? とお伝えしたら もう満足と おかたずけ

楽しい時間をありがとうございました

 

本日はありがとうございました

 

 

筋肉伝道師担当

今日は東京成徳大学高校サッカー部⚽へ筋肉伝承🔥

○筋力学講座
•精神面がトレーニングに与える影響について
本日は、メンタルとトレーニングの繋がりについて話をさせていただきました。



そこで生徒に対して質問を投げかけてみました。
「筋トレ本番セットを始めるにあたり怖い人!?」
次に「サッカーの試合の前、怖い人!?」
恐怖を感じる人は目標が明確です。なぜならば恐怖とはその裏返しだからです。


ではなぜ怖いのか?それは成功したい!勝ちたい!失敗したくない!負けたくない!という心理が働くからです。この意識が強ければ強い程恐怖心が強くなります。

•恐怖心が肉体に及ぼす影響
恐怖や危険の生理学的反応として、神経伝達物質であるアドレナリンが分泌されます。
これは、生存のために戦うか逃げるかの準備を整える「闘争・逃走反応」です。
恐怖心は多くの筋線維を動員し、沢山の筋肉にエネルギーを送って危機的状況に対応できるようにします。

またアドレナリンは、アナボリック(筋肉増強作用)の効果が認められている神経伝達物質でもあります。
目標サイコー!
恐怖心サイコー!

•記録をつけることの必要性
•絶対筋力と相対筋力について
•5ポイント理論解説
•軸のもたらす効果

○実践講座
◎4スタンスリポーズ
4スタンス各タイプの特性を意識して実践

◎筋トレ
本日のメイン議題
【筋トレは基礎スキル獲得に有効である】
◎筋トレは重心獲得に有効
○重心がどこにあるかがわかりやすい
○基本スキルは減速主体
○筋トレエクササイズの多くは上下動作
○基本スキル_スクワットを考察
○足底はセンサーの役割
○上下動作スキルこそ基礎の中の基礎
○正しい上下スキル動作は、重心が常に土踏まずのミッドフットポジション(足底部中心)にあること
○スクワット→ジャンプとの比較(上下動作)


○スクワット→ランジとの比較(前後移動動作)○専門競技を考える

自身の専門スポーツスキルを考えてみましょう。
○正しい基礎スキルを習得

 

●正しいデッドリフト


スクワットでしっかりと軸を刻んだ後の締めはデッドリフト!

ワイドスタンスデッドはしっかりと脚に乗せることがポイントになります。ファーストプルで内転筋、ハム、ケツにしっかりとバーベルを乗せてバーベルを引きます。直ぐに床から浮かない分、気持ちも焦り、ついつい腰で引く選手を多くみかけますので、その点を修正していきました。

今日のデッドリフトでは、主にファーストプルの練習を中心に行いました。



一般的に筋トレは筋肉をつけることに対して有効であると認知されていますが、実は基礎スキル向上にも優れたトレーニングでもあります。
このことを多くの方へ伝えて行こうと日々精進しております。

塵も積もれば筋肉サイコー!

 

 

 

 

まるで筋トレが遊びのように楽しくなる

【美・強・健~美しさと強さは表裏一体~】

◆ターゲット仁-JIN◆

 

パーソナルジム風景

https://www.youtube.com/watch?v=_jqGGAUa0o4

アスリート養成

https://www.youtube.com/watch?v=slMDy_g5ZYc

 

プロテイン・サプリメント購入したい方はこちらをポチっとな~!

【URL】http://target-jin.com/order/

有名トップアスリートや有名モデルも愛飲しているプロテインです。

 

アスリートのみならず、一般社会人の健康やダイエット目的の方にもかなりおすすめです。

 

プロテインと思えないほど美味しいので、是非ともお試し下さい!!!

 

仮にもしスタバでこれを出したならば行列間違いなし!

 

-------------------------------------

株式会社ターゲットJIN-仁

TEL:04-7105-7111 FAX04-7105-8111

MAIL:info@target-jin.com

-------------------------------------

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

アスリート育成について